トップページ > お悩み・目的別メニュー > ニキビ・ニキビ痕

ニキビ・ニキビ痕

ニキビ・ニキビ痕について

顔の皮脂の分泌量が増加して毛穴から排出されずに停滞すると、皮脂と角質がまざりあって、角栓ができます。この角栓の部分にニキビ菌が繁殖して炎症を引き起こすと、ニキビができます。

皮脂を分泌させる因子として男性ホルモンがあり、思春期にニキビがひどくなるのはこのためです。人によっては、男性ホルモンのレベルがもともと高かったり、不規則な生活やストレスによって男性ホルモンの分泌が増えたりしていて、思春期が過ぎてもニキビが治らないことがあります。

保険診療では、抗生物質を中心とした治療が古くから行われていますが、外科的な観点からいえば、感染源を取り除かずニキビ菌だけやっつけようとするのは非常に効率が悪いです。感染源である「皮脂」、あるいはその源である「男性ホルモン」に標的を絞った治療が真に効果的です。

また、新しいニキビを防ぐ「予防的治療」だけでなく、いまあるニキビを治す「現在の治療」も結婚式や就職活動などの前には重宝します。炭酸ガスレーザーで非常に細い穴をあけ膿を出すことで、ニキビをすぐに治すことができ、またニキビ跡の予防にもなります。

ニキビに悩む患者様は、ニキビに対するストレスが男性ホルモンの分泌を増やし、さらにニキビを増やしてしまうという悪循環におちいってしまいます。

治療方法

症例

アルダクトン治療

  • メールでのお問い合わせ
  • 診療のご予約

ページトップへ