トップページ > お悩み・目的別メニュー > ハンドベイン

ハンドベイン

ハンドベインとは

ハンドベインとは、手の甲や腕の血管が浮き出て、視覚的に目立つ状態のことをいいます。

一般的には病的な変化ではありませんが、何よりも日常生活で手や腕は一番人目に触れる部分。一度気になり始めると、自分の手の見た目や、人の視線がとても気になってしまう方が多いようです。
手や腕の「だるさ」や「痛み」の原因になることもあります。
当院では、経験豊富な血管外科専門医による血管内レーザー治療によって、ハンドベインを改善することができます。

治療方法

症例

両手・両腕を治療

  • メールでのお問い合わせ
  • 診療のご予約

ページトップへ