トップページ > 治療・施術メニュー > 医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは

美容上の満足が得られるように、毛の発生を抑えて肌の生理機能を保つには、細やかなうぶ毛は大切にする方が皮膚にとっては安全です。
全く毛が生えてこない永久脱毛の状態を得るには、毛穴(毛包)と皮脂腺の両方を壊してしまうほど大きな熱エネルギーが必要です。ところが、皮脂腺には、皮膚の潤いを保つには欠かせない皮脂や、紫外線・ウイルスなどの外部刺激に対する防御物質を産出する機能があり、皮膚が正常に機能する上で大切な構造です。永久脱毛という言葉に惑わされて皮膚の大切な生理機能まで破壊してしまうと、乾燥肌や皮脂欠乏性角化症、皮膚感染症などのトラブルに見舞われる危険性があります。
当院では脱毛後の肌の安全性を考え、アレキサンドライトレーザーを使って目立つ毛の毛包のみをデリケートに破壊します。その他はうぶ毛のようになって目立たなくなるとともに、皮脂腺は残るのでお肌の潤いを損なうこともありません。

アレキサンドライトレーザーとは

現在、普及している医療レーザー機器の中で、最も信頼されている脱毛機器です。
DCD(Dynamic Cooling Device)を装備し、レーザービームとともに強力な冷却スプレーを噴射します。これによって皮膚の表面をしっかり守りながら、大きなレーザーエネルギーをお肌に照射できます。
1回の照射面積は、あらゆるレーザー機器の中で最大の18mm。他のどの機種よりもスピーディーに脱毛できます。

医療レーザー脱毛の利点

  • 皮膚科専門医のカウンセリング・アフターケアの保障。
  • 医療レーザー脱毛に精通した形成外科の医師、もしくは看護師が施術。
  • 脱毛後の皮膚トラブルを最小限に抑えるため、高濃度ビタミンC、抗炎症剤をケアに使用。
  • 全身どこでも照射可能。
  • 痛みが少なく、短時間で処理できる。(両脇15分以内)
  • ワキガの改善。

当院で使用しているアレキサンドライトレーザーのユーザーミーティングにて、ワキガが治ったケースが多数報告されました。これは、毛包がしっかりと処理されて収縮することにより、においの原因になっていた毛包内の雑菌が減少したためと説明できます。軽度から中程度のワキガに効果があります。

脱毛は1回では終わりません

体毛には成長期、退行期、休止期、成長期からなる毛周期というものがあります。常にこのサイクルが繰り返されているので、レーザー治療を行った日に休止期に入っていた体毛にはレーザーの効果がありません。成長期に入った頃を見計らって再度レーザーを照射する必要があります。
個人差はありますが毛周期は1~2ヵ月ですので、その周期で最低3回以上はレーザーの照射が必要です。また、この毛周期は体毛の部位によっても異なります。

当院では2回目以降の患者様は24時間お好きな時間に予約ができる、インターネット予約システムを導入しておりますので、ぜひご活用ください。
初診の場合はお電話かメールにてご予約をお願いいたします。

施術の流れ

  1. 医師がお肌の状態を診察しながら、カウンセリングを行います。当日、施術をご希望される方は、前日までに希望部位の剃毛を済ませてからご来院ください。
  2. 脱毛ルームに異動し施術着に着替えたあと、ベットに横になって目を保護するゴーグルをします。
  3. 施術部位に薄くマーキングをします。
  4. 数発テスト照射をし、問題なければ照射を続けます。
  5. 照射部位が毛に反応し赤くなりますので、クーリングをし赤みを抑えます。
  6. 照射後はマーキングを消し、毛嚢炎を予防するローションと、炎症を抑えるローションを塗布し終了です。

料金表

医療レーザー脱毛施術料金

※1年フリーコースは両脇限定のコースとなります。

医療レーザー脱毛 3箇所以上・5回コース

脱毛箇所が3箇所以上、回数が5回でご利用の場合、料金が30%オフになるお得なコースです。
脱毛箇所は、どの組み合わせでもご利用いただけます。

医療レーザー脱毛 3~4箇所・2年フリーコース

脱毛箇所が3~4箇所、2年フリーコースをご利用の場合、料金が50%オフになるお得なコースです。
脱毛箇所は、どの組み合わせでもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 診療のご予約

ページトップへ