トップページ > 治療・施術メニュー > ピーリング療法

ピーリング療法

ピーリング療法とは

ピーリング療法とは、皮膚表面の老化した角質層を剥離(ピール)して、皮膚の表面を新しく再生する治療法です。
現代女性の皮膚は、乾燥、紫外線、ストレスなどが原因で、肌の老化が起こりやすくなっています。肌の老化が起こると、皮膚の再生サイクルが長くなって角質層の肥厚が起こり、毛穴の汚れ、くすみ、ざらつき、ニキビなどの原因となります。
ピーリング療法を何回か続けることで、 皮膚の新陳代謝を促進させ、肌本来の自然な美しさを取り戻すことができます。

当院では、ケミカルピーリングとクリスタルピーリングを行っており、いずれの治療法も、しみ、くすみ、小じわ、毛穴の開き、ニキビ・ニキビ痕、脂性肌、色素沈着、美白に効き目があります。
医師が患者様のお肌の症状を診断し、 どちらのピーリングが適切かを判断します。
治療時間は、主な施術部位に対して15分~20分程度と短く、お忙しい方にも最適の治療です。治療後、すぐにお化粧することもできます。

ケミカルピーリング

クリスタルピーリングとは、酸化アルミナの微細な結晶を皮膚に高圧に吹き付け、表皮の古い角質層をフィジカルに剥離する治療法です。医師が微細な強弱をつけてピーリングの厚さや速度をコントロールしますので、皮膚の弱い部分や目の周囲、首など、ケミカルピーリングでは難しい部位の施術も可能です。
一度の施術で肌の変化が体感できますが、薄いしみやくすみなどには、約2週間に1度の間隔で6回程度の施術が目安です。それ以降は、肌本来の再生力を高め、美肌を維持するために、1ヶ月に1~2度続けることをお勧めします。

クリスタルピーリング

クリスタルピーリングとは、酸化アルミナの微細な結晶を皮膚に高圧に吹き付け、表皮の古い角質層をフィジカルに剥離する治療法です。医師が微細な強弱をつけてピーリングの厚さや速度をコントロールしますので、皮膚の弱い部分や目の周囲、首など、ケミカルピーリングでは難しい部位の施術も可能です。
一度の施術で肌の変化が体感できますが、薄いしみやくすみなどには、約2週間に1度の間隔で6回程度の施術が目安です。それ以降は、肌本来の再生力を高め、美肌を維持するために、1ヶ月に1~2度続けることをお勧めします。

ニキビ・ニキビ痕の治療にも

一般的なニキビ治療ではコントロールできない治療抵抗性ニキビにもピーリングは有効です。医師が患者様のお肌の症状を診断し、適切なピーリングを行います。ニキビ痕の場合は、ニキビ痕の深さによってピーリングとその他の薬剤を併用して治療します。

浅いニキビ痕の場合

クリスタルピーリング+ヒトプラセンタエキス+高濃度ビタミンC美容液

深いニキビ痕または(1)の治療で不十分だった場合

サルチル酸ピーリング+ヒトプラセンタエキス+高濃度ビタミンC美容液またはトリクロロ酸(TCA)ピーリング

治療回数・期間

月1回のペースで6回程度の施術が目安です。
ヒトプラセンタエキスと高濃度ビタミンC美容液は、自宅用のイオン導入器を用いてデイリーケアを行っていただきます。
イオン導入器のサンプルもございますのでご希望の方はご相談ください。

料金表

  • メールでのお問い合わせ
  • 診療のご予約

ページトップへ