トップページ > 治療・施術メニュー > ヒアルロン酸注入療法

ヒアルロン酸注入療法

ヒアルロン酸注入療法とは

ヒアルロン酸は、人間の皮膚、眼球、関節に存在している保湿成分です。 皮膚においては肌のハリやうるおいを保つ役目を持っており、化粧品の保湿成分としてもおなじみのものです。
このヒアルロン酸を皮膚内に注入すると、自己の皮膚内にあるヒアルロン酸と融合してしわの凹部分がふっくらと盛り上がり、しわを改善します。

ヒアルロン酸の安全性

皮膚内に注入してしわを埋めるフィラー(注入物)は、過去に様々なものが登場しましたが、非吸収性のフィラー(シリコンなど)は異物肉芽腫という悲惨な結果を生むため現在では用いられることはなくなりました。
コラーゲンは、1981年に米国FDAの承認を受けてから広く用いられましたが、約3%の割合でアレルギーが起こっていました。
しかし、ヒアルロン酸はアレルギーテストが不要でしわの矯正効果もコラーゲンよりやや強力であり、1996年に米国FDAの承認を受けてからは、世界中で最も多く使用されているフィラーです。
白内障の手術補助剤や関節症の治療でも使用され、安全性が高いことが保証されています。

当院では、最も信用性が高いスウェーデンのQ-MED社製のヒアルロン酸を3種類(硬い順にパーレーン、レスチレン、ヴィタール)用意し、しわの種類に応じて使い分けています。

ヒアルロン酸注入療法によるしわ治療

目の下には、鼻筋のすぐ横から斜め下45度に落ちていく線(通称ゴルゴライン、脂肪と筋肉の割れ目であり、厳密にはしわというよりくぼみなのですが、影となり年老いた印象を与えてしまいます。ここにヒアルロン酸を注入すると影が消え、さらに頬の上部にボリュームが与えられるため、若々しく、健康的な印象を得ることができます。

口元から下に向かって伸びるマリオネットラインには、しわに沿って注入するのではなく、しわを横切るように注入すると、しわが目立たなくなります。
目周りや口周りの小じわに対しては、浅く注入するため、最も柔らかいヒアルロン酸であるヴィタールを注入します。額、眉間、目尻のしわや、唇の上の縦じわは表情じわのためボトックスが最も効果的ですが、しわが深い場合にはボトックスと両方使用することで満足のいく結果が得られます。

ヒアルロン酸注入療法によるプチ整形

ヒアルロン酸による隆鼻術では、鼻筋の部分に注入することで、鼻を高くしたり、形を良くしたりすることができます。鼻に立体感が出ることで引き締まった印象を与え、また注入量によっては左右の目を近づける効果もあります。

ヒアルロン酸によるあご延長術では、下あごの部分に注入することで、あごを伸ばしたり前に出したりすることができます。フェイスラインが縦長となり、シャープな印象を与えられます。

ヒアルロン酸による涙袋形成術では、目のきわに柔らかいヒアルロン酸を注入することで涙袋をつくることができます。
目元に愛嬌が出て、女性らしさを演出します。
この他にも、おでこを前に出したり、唇をふっくらさせたり、胸を大きくしたりすることもできます。詳しくは医師にご相談ください。

ヒアルロン酸の持続期間

一般的には半年から1年間と言われています。しかし最近では、骨のすぐ上に注入した場合には、骨膜幹細胞が刺激され、注入した量の約半分は半永久的に残るという知見が得られています(「Semi-permanent volumization by an absorbable filler」アメリカ形成外科学会の刊行する学術誌に論文が掲載されました)。
具体的には、目の下や頬のくぼみや、おでこ・鼻・あごに対して、この注入方法を用いることができます。
もちろん、あえてヒアルロン酸の効果を一時的にしたいという場合には、ヒアルロン酸を皮内や皮下に注入すれば通常通り半年から1年で吸収されます。

長期効果の症例(鼻)

レスチレン0.7mlを注入しました。1年経過しても、注入量の約半分残っているのが分かると思います。

長期効果の症例(額)

脳神経外科の術後で、おでこに陥凹が出来てしまった方です。1年経過後でもまだ平らであり、患者様はとても満足していました。

MRI画像でもヒアルロン酸とそれを取り巻く線維性組織(自己組織)が、1年後でも陥凹部を修復しているのがはっきりと分かります。

施術の流れ

  1. カウンセリング
    カウンセリングでは、患者様のお悩み部分のしわが、ヒアルロン酸治療に適したしわであるかどうかを専門のドクターが確認します。その後、しわの状態を見て、ヒアルロン酸の種類と使用量の目安を決めます。 実際の使用量は、施術中に患者様と確認しながら適宜修正していきます。
  2. 施術
    治療時間は、個人差がありますが、約15~30分程度です。
    注入時の痛みは、冷却麻酔によって減らすことができます。痛みに敏感な方は、静脈麻酔を行うこともできます。
  3. 施術後
    メイクは、施術直後からできます。その日に洗顔や入浴も可能です。
    一度注入すると、個人差はありますが、効果は約半年ほど持続します。効果を維持するためには、定期的に注入する必要がありますが、場所によっては半永久的な効果を出すこともできます。

料金表

※同日、同種2本以上ご使用の方は、2本目より50%OFFとなります。

  • メールでのお問い合わせ
  • 診療のご予約

ページトップへ